プラセンタ画像

プラセンタの摂取で気になる副作用

プラセンタは動物の胎盤から作られているため、感染症などの副作用の危険性があると言われています。
特に注射で摂取する場合には、献血を控えてくださいと厚生労働省が通達を出していますし、牛や豚、羊などから作られているプラセンタは、偶蹄類が感染するBSEなどの感染症の危険があると言われています。
 私も最初は副作用が怖かったのですが、いろいろ調べてみると国内でも海外でも副作用が起きた例は報告されていません。
また製造の過程でも、熱処理を繰り返して、きちんと殺菌されているようです。
 原料や製造過程がしっかり管理されているプラセンタを選べば大丈夫らしいので、プラセンタのサプリメントを摂取してみることにしました。
 プラセンタを飲み始めてすぐに、体の調子が良くなってきました。
肌のつやが良くなって、疲れが残っていることがなくなりました。
さらに嬉しいことに、ひどかった生理痛や生理前症状が治まってきたことです。
 毎月生理前になると、頭痛や吐き気がひどくなったり、イライラしていることが多かったのですが、プラセンタを飲み始めて、それがほとんどなくなりました。
月経の出血が始まっても、貧血が起きたりすることもなく、ひどいときは起きあがることもできなかった2日目の生理痛が本当に全くありませんでした。
 こんなに効果があるなんて早くから試していれば、毎月悩まされることもなかったのにと思いました。
 心配していた副作用ですが、私の場合、まったく起きませんでした。
肌の調子を改善するために摂取し始めたプラセンタですが、生理痛の改善という嬉しいおまけもあって、すごく満足しています。
 普段の食事の後に、サプリメントを1日2回飲むだけで、毎日快適に充実した生活を送れるようになり、いいことだらけです。
サプリメントなら献血を控える必要もないということで、献血にはまだ行ってませんが、それだけ安全ということなのでしょう。
しばらく飲み続ければ、アンチエイジング効果も期待できるということなので、楽しみに飲み続けたいと思います。

Copyright(C) 2010 けんこう応援.com All Rights Reserved.