プラセンタ画像

肝臓の疲れにプラセンタ

肝臓は人間の体の中で1番大きな臓器で、生命を維持するためにとても重要な役割りを果たしています。
主な役割りとしては、食事でとった食べ物は胃や腸で消化されて吸収しやすい成分に変わり肝臓に運ばれたあと、肝臓はそれをいったん貯蔵して、体内で利用出来る形に変換し、必要に応じて
体内のあちこちに送り出してくれる物質代謝、体内に入ってきたアルコールや薬や食品添加物など体にとって有毒な物質を分解して無毒化し体外に排出する解毒、脂肪の分解やあぶらに溶け
やすい脂溶性ビタミンの消化、吸収を助ける働きをする胆汁の生成があります。

沈黙の臓器という言葉を聞いたことがあるでしょうか。
肝臓は肝細胞が壊れて死んでしまってもほかの肝細胞がカバーしてくれるので、たとえ半分以上の肝細胞が壊れて死んでしまっても肝臓としての機能を維持する事が出来ます。
よっぽどの事がない限り肝臓の疲れを感じたり、症状が出る事がない事から沈黙の臓器と呼ばれているのです。
肝臓に疲れを感じたらその時はすでに肝臓は相当ひどい状態になっています。

そこで肝臓に疲れを感じた時に摂取すると良い効果をもたらしてくれるのがプラセンタです。
プラセンタとは胎盤の事で、美容効果があると注目を集めていますが、肝細胞の働きを助けるとして医薬品としても使用されています。
肝細胞増殖因子により肝細胞の増殖を促し、代謝や解毒などの機能を改善させることが出来るのナす。
肝臓の疲れは感じた時にはもう遅い場合がありますから、肝臓を疲れさせる前に日頃からプラセンタを摂取して肝細胞を活性化させましょう。

定期的に健康診断を受ける事も大切です。
何か異常を感じてからではなく、肝臓がまだ沈黙しているうちに小さな異常でも見つけてあげましょう。
何の自覚症状もないから大丈夫だとか、自分だけは大丈夫だとか考えてしまいがちですが決してそんな事はありません。
自分の健康を守ってあげられるのは自分だけなので、きちんと気をつけてずっと健康でありたいですね。

Copyright(C) 2010 けんこう応援.com All Rights Reserved.