プラセンタ画像

プラセンタの副作用を知っておこう

「プラセンタの安全性について」でも説明しましたが、プラセンタには副作用の心配があまりありません。

しかし唯一副作用とも言えるものは、アレルギー反応ではないかと言われています。
アトピーなどの患者さんには、プラセンタは症状の改善してくれるとてもいい薬です、
しかし薬に含まれているプラセンタが原因となり、新たなアレルギー源になる人がいるようです。
どんな人でも合わない薬というものがありますから、そういっス症状が出たらすぐにお医者さんに相談をしましょう。

またプラセンタ注射を行うことにより、「直接体に取り込む事で副作用があるのではないか」と心配される方もいらっしゃいます。
プラセンタ注射についてはその部位に発赤や硬結する程度の痕しかなく、殆ど副作用としての報告はありません。
注射した部位のかゆみや腕が重く感じるなどの症状の副作用が出たとしても、半日程度で収まることが大半だと言われており、
副作用の問題としても重要視する程のものではありません。
予防接種を行った後のかゆみもその一つです。そう考えるとまったく心配がありませんね。

プラセンタを接種する方法は注射以外にもサプリやドリンクなどがあります。
比較的簡単に接種しやすいという部分では、様々な人が使用され、その効果などが注目されています。
このサプリやドリンクタイプでも副作用と思われる症状が報告されています。
主な症状として、注射同様かゆみの発生が言われています。
それ以外にも便が柔らかくなったり、胃腸の調子が悪くなるなどの報告があります。
いずれにせよ、サプリやドリンクが合わないと感じたらすぐに接種することを止めるべきでしょう。

プラセンタを接種する際の問題以外にも、心配されがちなのは「プラセンタはどうやって作られているか」ですね。
治療に使われているプラセンタは国で決められた処理により、病気の原因となるウイルスを全て除去して作成されます。
勿論肝炎やエイズなどの感染症の疑いがある胎盤を使用されることもありません。
だから病院でも安心してプラセンタを使用されているのですね。

Copyright(C) 2010 けんこう応援.com All Rights Reserved.