プラセンタ画像

プラセンタの安全性について

プラセンタの安全性は、「副作用」と「病原体」の2つのリスクに分けて考えることができます。

副作用については大部分の方に生じない無視可能なレベルのものです。
プラセンタは基本知識などでも説明しましたが、胎盤から抽出されている成分なので、安全性に疑問にもたれることがありますが、プラセンタの医薬品はすべて厚生労働省の認可を受けた
安全なヒト胎盤エキスをしようしています。

このプラセンタエキスを様々な疾患治療に応用されることをプラセンタ治療といい、この治療法は昭和30年代より多くの人々に行われていますが、副作用は注射部位の発赤や硬結程度の
もので、大きな副作用は報告されていません。
それは、製薬会社が厚生労働省の定めた以上の熱処理を行い、ウイルスを完全に除去していることで副作用を防いでいるからです。
元々、エイズや肝炎などのウイルス感染・細菌感染の感染性のある胎盤は使用しない事で副作用を防いでいることもあります。

そして、現在では化粧品や健康食品など多くの製品として出回っています。
美容の面でも美肌効果が再認識され、厚生労働省で認可されています。
もちろん治療以外でも、プラセンタは製造の段階から感染していた胎盤エキスの混入検査、製造者の感染症対策を徹底しており、完成後の品質管理等のチェックもしっかり徹底してされて
います。
なので、上記に記載した以外にもバクテリア・血液・ホルモン狂牛病なども製造過程で100%除去され、検査されています。

このようにプラセンタは製造、品質管理において、完璧に感染症対策を徹底しているので、安心して使用することができます。
プラセンタの安全性は認められていますが、治療する際は十分に医師と相談し、自身の体調に合わせて治療を受けることが望ましいと言われています。

もちろんサプリメント・化粧品なども副作用はほとんど報告されていませんが、良質なプラセンタエキスを使い、作られているものを使用したいものです。

Copyright(C) 2010 けんこう応援.com All Rights Reserved.