プラセンタ画像

プラセンタの原料

プラセンタの原料はプラセンタの基本知識でも記述しましたが、原料となるものは科学的な物質ではなく胎盤です。
胎盤は妊娠時に作られ、出産時に胎児が出た後に母体から外に出ます。
胎盤は母体と胎児との間で必要な栄養などを交換し、胎児の発育を支援するための成分を生成しています。
この胎児の発育を支援するためのものが、後に加工されプラセンタとなるのです。

プラセンタは、受精卵が着床した部分の内膜の表面に形成され、妊娠2ヶ月頃から現れ始め、
妊娠4ヶ月まで大きくなり、その後およそ妊娠38週頃まで、プラセンタは内部で工事されると言われています。
最終的にプラセンタは、大きさ直径約18cm程の円盤となり、厚みは2〜3cm、重量はおよそ500g程度になります。

プラセンタの最も胎児に近い側は、羊膜に覆われており、その羊膜を取り除くと厚い絨毛に覆われています。
このプラセンタの中央、あるいは片側に臍帯、つまり胎児とプラセンタを繋ぐ重要な線があります。

では、プラセンタの構造はどうなっているのでしょうか?
プラセンタの中に母体の血液が見たされた状態で、そのなかにいくつもの特殊な毛が浮遊しているもの、と考えると分かりやすいです。
この特殊な毛こそが絨毛であり、とても優れていると言われています。

中央に胎児側の血液が流れるようになっており、胎児の血液が絨毛の中を流れる間にその膜を通して、プラセンタの中に満たされている母体との血液との間でいろいろな物が交換されます。
母体からの血液には空気や養分などが胎児に送られ、胎児からは二酸化炭素や排泄物に相当するものが母体に戻されています。
母体の血液と胎児の血液は、上記の構造により分離されているので混ざることはありません。
これをもっと分かりやすく説明すると、水道の蛇口につける空中糸というものが使われることがあり、それに近い構造と言われています。

この胎盤こそが様々な効果を発揮すると言われているプラセンタの原料になるのです。
また、ローヤルゼリーhttp://xn--2ck2dtaci4ge0120ea3854c7l6c.com/もプラセンタ同様美容ダイエット健康に大変効果的でおすすめです。

Copyright(C) 2010 けんこう応援.com All Rights Reserved.